〒332-0021 住所:埼玉県川口市西川口2-2-2
  • 特大
  • 大
  • 標準

ブロック療法とは

痛みが悩みになる前に

痛みは、なかなか周りの人に理解されないものです。誰にも相談できずに一人で悩んでいませんか。 当院では、まずじっくりお話しを聞くことから始めます。
慢性痛を治療するには、痛みを和らげることはもちろんですが、痛みを理解すること、正しいリハビリにより機能回復を目指すことが大切です。

神経ブロック療法とは

痛みに関わる神経やその周辺に局所麻酔薬を注入して、痛みや筋緊張をとり、血行改善と炎症の収束、自律神経の機能改善を行う療法です。下記に主なブロック療法の説明を致します。

星状神経節ブロック

星状神経節ブロックとは、頸部の交感神経節である星状神経節およびその周囲に局所麻酔薬を注入することにより、コンパートメントブロックとして、その中に含まれる星状神経節および頸部交感神経幹、交感神経の節前・節後繊維を遮断する。その結果、支配領域である頭頸部、顔面、上肢、上胸部に効果をもたらす。同部位の疼痛性疾患および末梢循環障害などに有効である。その作用機序には、内分泌系、免疫系の関与も考えられている。

硬膜外ブロック

医療機器

硬膜外ブロックとは、顔面を除き、ほぼ全身において必要とされる部位の除痛を選択的に得ることを目的としたブロック療法である。カテーテル留置により持続的に除痛を行うことが可能となる。したがって、どのような疾患に起因する痛みにも除痛手段として適応はあるが、心・呼吸不全状態や多臓器不全・ショックにあるもの、出血・凝固障害(疾患や薬剤による)や明らかに易感染性の状態にある免疫不全の患者にその適応はない。

神経根ブロック

神経根ブロックとは脊髄神経根およびその周囲に局所麻酔薬とステロイドの混合液を注入する神経ブロック療法である。責任神経根の診断目的のために、疼痛の緩和程度やその造影所見から病変高位診断が行える。

(参考文献:日本ペインクリニック学会誌別冊号ペインクリニック治療方針改定第二版)

  • ホーム
  • ペインクリニック
  • ブロック療法とは
  • 初診と再診の案内
  • 医療機関の方へ
  • FAQ(よくある質問)
  • お問い合わせ&アクセス
  • サイトマップ
  • LINK